んにちは。

整理収納アドバイザーの澤田真美子です。

万一の事態に備え用意しておきたい
非常持ち出し袋について
考えてみたいと思います。

「避難」には種類があります!

 

避難には、

①1次避難
②2次避難
③3次避難
の3種類があるといわれています。

1次避難は、
地震などが発生し、
避難所などに避難すること。

2次避難は、
避難所などにはいかず
生活すること。

3次避難は、
家の倒壊、近隣の火災等
自宅にいることに危険がある場合
避難することです。

友人や親せき宅などの
可能性もありますね。

1次避難時に持っていくモノは?

避難所に行くために
必要最小限のモノを
持っていきます。

リュックに入れ、背負って走れる
重さにとどめておきます。

2次避難時に必要なモノは?

自宅で被災生活を送ることを想定して
日頃から準備しておきましょう。

食べる物については、
常温の野菜や
冷蔵庫の食材から使っていきます。

冷凍庫の中のモノも
解けてきてしまいます。

順番に食べていけば
無駄なく食べることができます。

3次避難に持っていくモノは?

日用品、食料品含めて
3日程度のモノを準備します。

リュックより、カートの方が
便利です。

しかし、道路がガラスなどの破片で
カートが引っ張れない可能性も
あります。

できれば、
①カートとして使えるようにコロがついている
②リュックのように背負える
③ショルダーバックのように肩にかけられる

というモノがオススメです。

まとめ

いざという時のことを考え
日頃から準備しておきたい
非常袋についてご紹介しました。

必要な時にすぐに取り出せるよう
どこに、なにが、どれくらいあるか
管理できるような仕組みづくりが必要です。

また、せっかく準備しても
どこにあるかわからない、
ということがないように、
すぐに取り出せる場所に収納しましょう。

おわりに

最後までご覧いただきありがとうございました。
今後役立つ情報を配信していきますので、
ぜひブックマークしてください。
インターネットの閲覧ソフトを変えた時にも使える
はてなブックマークがオススメです。
はてなブックマークのボタンはB!のボタンです。

この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有してくださいね!