んにちは。
整理収納アドバイザーの澤田真美子です。

引っ越し料金を節約するための荷物の整理について

ご紹介します。
年度末は引っ越しシーズン。

新生活をスタートさせる人も
多いのではないでしょうか?

気になるのは引っ越し費用。

引っ越し費用は
荷物の量によって決まります。

引っ越し費用をおさえるには荷物をへらすこと

引っ越しはお片づけのチャンス!荷物を減らして節約しよう!

荷物の量が多いと、
運び出しのトラックの大きさが
大きくなりその分料金が
高くなります。

また、業者さんの人数が
増えることにより
料金が高くなる
ということもあります。

新居で必要のないモノは、
できるだけ早めに処分してから
引っ越しをすることを
オススメします。

すべてのモノを見直すこと

引っ越しはお片づけのチャンス!荷物を減らして節約しよう!

荷造りをするときは、
オフシーズンのモノからはじめます。

洋服などは、1枚1枚確認し
サイズの合わないモノ、
ほころびがあるモノなどは
処分対象です。

また、もう何年も着ていないモノ
これからも着ないと思われるモノ
も、処分対象です。

文房具は、インクがきれているモノ
使い勝手が悪いモノなどは
処分対象です。

タオルは、洗濯回数を考慮して
余分なタオルはお掃除や
割れ物をつつむ緩衝材として
使用しましょう。

キッチン用品や季節家電も同様
壊れているモノ、
新居では使えないモノなどは
手放しましょう。

引っ越しを機会に心機一転
思い切って手放すことも検討してください。

愛着なるモノは量を決めて
最小限にとどめます。

どうしても捨てられないのであれば
リサイクルショップや
どなたかにお譲りするという方法もあります。

 

その他の引越し料金を安くするコツ

大型家具を手放す

今後のライフスタイルにもよりますが
新居の間取りに合ったサイズの
収納用品を購入するようにします。

間取りと収納用品のサイズがあっていると
生活がしやすくなります。

 

ダンボールの数を減らす

引っ越し業者さんは、
ダンボールの数で料金を決めています。

できるだけ、
段ボールの数を
減らすようしましょう。

時期をずらす

引っ越し業者さんによりますが
繁忙期はシーズン加算がある場合があります。

繁忙期以外だと値引き交渉
できる場合もあります。

また、可能であれば平日や、
夕方、夜便などにすると
安く抑えることができる場合があります。

 

まとめ

引っ越しは、お片づけの
最大のチャンスです。

引っ越しを機会に
不必要なモノを手放しましょう。

時間がないからと、
すべてのモノをとりあえず
ダンボールに突っ込む、
ということをしてしまうと
新居で荷解きが大変になります。

必要なモノだけの生活は
探しモノのストレスもなく、
快適にすごせますよ。

 

おわりに

最後までご覧いただきありがとうございました。
今後役立つ情報を配信していきますので、
ぜひブックマークしてください。
インターネットの閲覧ソフトを変えた時にも使える
はてなブックマークがオススメです。
はてなブックマークのボタンはB!のボタンです。