んにちは。
整理収納アドバイザーの澤田真美子です。

お庭が散らかり放題!

お庭やベランダが荒れ放題!

どこから手をつけたらいいの?

昔育てていたプランターもそのまんま!

そんなあなたに、お庭を片づける方法を
ご紹介いたします!

お庭が汚庭に!荒れ放題の庭をなんとかしたい!

枯れた植木などが入ったままの植木鉢を処分する

枯れた鉢植えは、
お住まいの自治体の処分方法に
従って処分しましょう。

また、ホームセンターで
引き取ってくれる場所もあります。

近隣のホームセンターに
問い合わせをしてみましょう。

 

土をリサイクルして新しく植えたい!

もし、リサイクルして
新しく何かを植えたい場合は、
ごみを取り除いて
殺菌する必要があります。

レジャーシートに広げ、
古い葉や茎、根などを取り除きます。

古い葉や茎、根などが残っていると、
保水性や排水性が悪くなります。

ふるいにかけて
鉢の底にある石や細かい根も
丁寧に取り除いてください。

その後、天日で乾燥させます。

消毒のために熱処理をしたい場合は、
黒い袋に水分をたっぷり含ませた土を入れ、
太陽の下に10日程度置いておき蒸らします。

高温になるのが理想です。

60℃~70℃くらいが理想なので、
夏や天気予報をチェックします。

気温の高い日く、
天気のいい日が続きそうな時に
やるのがオススメです。

 

置きっぱなしの植木鉢や雑貨を片づける

放置したままの植木鉢や
雑貨などはありませんか?

プラスチックなどは、
長期間外にさらされていると
もろく壊れやすくなっています。

また、色褪せていたりすることもあります。

プラスチック製のモノは
ヒビがはいっていたり、
かけたりしていないか確認します。

またもろくて壊れやすくないか等
チェックしましょう。

不必要であれば処分します。

その他の素材のモノや
雑貨なども不必要であれば
手放しましょう。

 

雑草を抜くときは作業用の手袋がベスト

散らばったままの植木鉢や
雑貨類が片付いただけでも
スッキリした印象になります。

次にやりたいのは
草取りですね。

雑草を抜くときは、
作業用の手袋がおススメ。

作業用の手袋は、
薄くゴムが塗ってあるような手袋です。
ホームセンターなどで購入することができますよ。

素手で抜いたり、
普通の軍手で抜くよりもつまみやすいです。

また、長時間草取りをしても、
疲れにくいです。

 

まとめ

お庭やベランダの
片付けの方法についてご紹介いたしました。

本格的な夏が来る前に
ぜひお庭やベランダをスッキリさせましょう!

 

おわりに

最後までご覧いただきありがとうございました。
今後役立つ情報を配信していきますので、
ぜひブックマークしてください。
インターネットの閲覧ソフトを変えた時にも使える
はてなブックマークがオススメです。
はてなブックマークのボタンはB!のボタンです。

この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有してくださいね!