んにちは。
整理収納アドバイザーの澤田真美子です。

災害時に覚えておきたい「パッククッキング」

のご紹介をしたいと思います!

非常時に役立つ調理法です。

パッククッキングってなに?

パッククッキングとは
真空調理法を
家庭料理向けにアレンジしたものです。

 

真空調理ってなに?

食材と調味料を専用フィルムに
入れて真空パックにし、
正確な温度と時間で加熱する調理法。

ホテルやレストラン、病院や福祉施設などで
導入されている調理方法です。

パッククッキングは
専用フィルムのかわりにポリ袋
専用機器のかわりに電気ポット、お鍋
炊飯器などを使い調理します。

 

パッククッキングのメリットは?

①食材のもつ本来の旨味が閉じ込められておいしい
②食材が煮くずれしにくく、目減りしない
③調味料、調味液が少なく、減塩効果につながる
④やわらかく、中まで味が浸透する
⑤酸化しにくい

などが挙げられています。

おいしく、調理時間も短縮されます。

また、離乳食やかたい食べ物が苦手
な方のお食事も、
少量を簡単に作ることができ
とても便利な調理方法です。

 

災害時にパッククッキングが便利なのはどうして?

災害時は、ガス、電気などの
ライフラインがストップしてしまう
可能性があります。

パッククッキングをを知っていれば
カセットコンロを使い
調理をすることができます。

お水も使いますが
調理に使うお水は
備蓄のお水を使います。

煮るための水は
直接口には入れないので
川の水や雨水などでも大丈夫です。

また、ゴミも少なくてすむ
というメリットもあります。

ぜひ、おぼえていただきたい
調理方法です。

 

パッククッキングに必要なモノは?

①ポリ袋

②カセットコンロ

③カセットコンロ用ボンベ

④トング・菜箸など

⑤はさみ

⑥包丁(またはナイフ)

⑦まな板

あったら便利なモノ

①計量カップ
②はかり
③タイマー

 

ポリ袋を熱すると変な物質がでてこない?

必ず聞かれる質問です。

有害物質とか大丈夫ですか?

結論から言うと「大丈夫です!」

パッククッキングは
半透明のポリ袋。

スーパーでお買い物をした時に
お豆腐とかお刺身とかを入れる時に使う
小さい袋です。

この半透明のポリ袋は
炭素と水素からできているそうです。

燃やしたとしても、水と炭酸ガスになるので
有害ガスは発生しません。

また、ポリ袋は130度まで
耐熱性があるといわれています。

スーパーや100円ショップで
購入することができます。

パッケージに
「高密度ポリエチレン」
と書かれているものにしてください。

まとめ

パッククッキングについて
ご紹介いたしました。

万一の事態の時に
知っておくと便利な調理方法です。

災害時にいきなりやっても
うまくいかない可能性も有ります。

日頃からパッククッキングをやっていると
好みの味付けや、
好みの分量なども
身体で覚えることができます。

また、避難所でなくても
カセットコンロ等使えない場合もあります。

状況に応じて
使い分けてくださいね。

 

おわりに

最後までご覧いただきありがとうございました。
今後役立つ情報を配信していきますので、
ぜひブックマークしてください。
インターネットの閲覧ソフトを変えた時にも使える
はてなブックマークがオススメです。
はてなブックマークのボタンはB!のボタンです。