久しぶりに実家に帰った時
実家の様子に愕然とした
という話をよく聞きます。

あんなにしっかりしていたのに・・・
あんなに綺麗好きだったのに・・・

親に実家の片づけを提案しようとしても
反発されることも多いと思います。

そんな時、怒りやイライラにまかせて
ついきつい言葉をかけがちですが
絶対言ってはいけないNGワードがあるのをご存知ですか?

ごみ

「まるでゴミ屋敷みたい」

「ゴミだらけじゃない」

そんな風に言ってませんか?

あなたにはゴミにしかみえなくても
親にとっては大事なモノの場合もあります。

「ゴミ」というキーワードは言わないようにしましょう。

 

だらしない

年を重ねて行くと、
ちょっとのことが面倒になります。

おきっぱなし、やりっぱなしになってしまったり
ということもあります。

色々なことができなくなっている、
というのは親も自覚し、ショックを受けている
場合もあります。

親のプライドを傷つけるような言葉は
言わないようにしましょう。

 

生前整理

決してそうではないのですが、
「生前整理」と聞くと死ぬための準備
というふういとらえる人もいます。

生前整理は、これからの人生を
快適に安全にすごすための準備でもあります。

マイナスイメージに解釈されがちな言葉を
使うのも避けるようにしましょう。

 

捨てる

モノを大事にして育ってきた世代です。

モノを捨てるということに強く抵抗を示す人も
多くいます。

「使わないなら捨てちゃいなよ」

「これはもう捨てるよ」

など、つい言ってしまいそうですが、
「捨てる」というキーワードも
使わないようにしましょう。

 

片づけてあげる

子はよかれと思って言っても、
親から見たら「別にこまっていない」
と心を閉ざしてしまうことがあります。

また、どうにかしたいと思っていも
子に対して素直に「何とかしてほしい」
と言えない場合もあります。

 

おわりに

実家の片づけをするにあたって
親に対して言ってはいけない
NGワードを5つご紹介しました。

イライラしたり、ケンカ腰になってしまう
こともあると思いますが、
嫌な気持ちになった時はそれ以上すすめない
くらいゆっくりした気持ちで取り組んでほしいと思います。

 

この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有してくださいね!